Top日記 >まいったな2020 40℃越え
2020年08月11日

E8A62902-263A-48B5-AB8A-5877E38E1E5D.jpeg
コロナウィルスによって混沌とした
世の中になった2020年
渋谷にあるこの看板は世相を良く読んだ
最もらしい広告看板だといつも見上げてしまいます。


CEDDDA78-69DA-4168-BF3B-CAA99E59A56C.jpeg
本来であれば
今日はもうオリンピックが終わってひと段落なんですね。

こんな気温の中で選手が
高いパフォーマンスを発揮できるとは思えません。

運動時、筋肉は熱を産生しますから普段よりも
体温は上がります。
2℃前後体温が上がることによって
組織粘性を減らし、腱弾性を向上させ神経伝達速度を増加し
筋酵素活性を高まる
といったことが関係し
パフォーマンスは向上するのですが

体温が40℃を超えると神経系が影響を受けパフォーマンスの大幅な低下につながると言われています。

A210B39F-00AE-4395-9FC4-EFC396E2EB1C.jpeg
ですが
今日の外気温は
エアコンのセンサーで
『外気温40℃以上です♪』
とアナウンスされています。



1807B160-BF0D-41EA-86F7-09AF8C69D490.jpeg
↑(出典 リカバリーの科学 NAP )
アスリートの気温認知感覚に対する相対湿度の表から見ても
湿度41%
気温40℃以上
となると
この表からもわかるように
感覚的には50.6℃に感じると言うこと。

つまり
アスリートの体温は
平均体温36℃〜37℃と仮定しても
アップで2℃上昇
外気温の影響などで
試合中にはアスリートの体温は40℃以上になることが
容易に想像できます。

こんな中でマラソンや陸上がもし行われていたら
恐ろしい結果になっていますね。

来年本当にオリンピックできるんでしょうか
色々な意味で不安です。



一般の
テニス愛好家やランナーなども
熱疲労を起こしやすくなりますから
屋外での運動は是非ご注意ください。

熱疲労は後から引きずる影響が非常に大きいですから
無理のない屋外運動を心がけてください。
posted by えぐち at 17:02 | 埼玉 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。