2015年01月04日


AFAA辞めました


みなさんあけましておめでとうございます。
お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?
いつもトレーニングで鍛えている方に関しては、お正月は
良い意味で身体を休める機会になるのではないでしょうか。


さて




私は、今年1月をもって、AFAAを退会しました。


AFAAというと一般の方はピンとこないかもしれませんが
AEROBICS and FITNESS ASSOCIATION of AMERICAの略
の略称でアメリカでも有数のフィットネス団体です。

15年程前
当時受験した、NSCALCPTのテストで合格点に2点届かず。
同年にパーソナルトレーナーとして一番最初に取得した資格が
AFAA PFT(パーソナルフィットネストレーナー)ライセンスでした。


今では、一般的になりつつあるパーソナルトレーナーという職業も
2000年前後はパーソナルトレーナーという名前はおろか
パーソナルトレーナーを定義するに際してのライセンス資格は少なく
以上の2団体の他にACSMやISSAなどといった団体のみでした。

資格取得当時のワークショップでは様々な講師から現場で活かせる
情報を得る事が出来た非常に貴重な学びの場でした。

しかしながら、近年では他トレーナー団体の台頭や
インターネットの普及により
トレーナーの情報は増え学習の場も多くなりました。

辞める事を決意させた何よりも大きな理由は
私自身が参加したい、学びたいと思う様なワークショップが無い、減ってしまったといった事が一番大きな点です。
その為他団体の研修に参加するものの他団体とのワークショップポイントの互換性が無いため
資格を更新する為のポイントが溜められずその結果、
更新時に毎回同じ内容のホームスタディ(筆記テスト)を提出
する事でライセンス更新を繰り返すといった事が数年続きました。
(今現在ホームスタディの内容は変わったのかもしれませんが…)
本来は、団体主催のブラッシュアップの機会(ワークショップ)を与えられてスキルを上げていくことが資格の保有する上で重要な事だと思うのですが、資格を保有する為だけの為に毎回同じ内容のテストをこなす事に違和感を感じてしまった事が大きな要因です。


私にとってトレーナー活動をする上で最初にライセンスとして保有した
資格ですし、資格取得後はこの団体のワークショップで多くの方と繋がる事が
出来たのも事実ですから、辞めてしまう事に非常に感慨深いものもありますが。

私自身次のステップを踏む為にここで一区切りとさせて頂きます。

ありがとうございました。

因に、この団体を辞めてしまう事でクライアントの皆様に対して
提供できるサービスが違う、技術が下がる等
一切ございません。

また次のステージに向け新しい技術、知識を身につけ
クライアントに還元出来る様
日々精進し今年度も駆け抜けます!!

今年も皆様宜しくお願い致します。


パーソナルトレーナー江口の日記でした。
posted by えぐち at 21:57 | 埼玉 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする